お金(収入)がないと生活できないと思っているあなたへ

こんにちは、山本です。

あなたは、お金(収入)がないと生活できないと思っている人ですか?

・・・そりゃそうですよね。

電気・ガス・水道などのインフラ、衣食住に関わるもの諸々、急病になったときに医者にかかる費用など、お金がない生活を僕らは生まれて一度もしたことないのですから。

何かを得るためには、何かを差し出さなくてはいけない。

その一番わかりやすく、かつ誰にでも量的な意味において理解・共有できるものがお金ということです。

お金(収入)がないと生活できないと思っているあなたへ



そんななくては困るお金。

なので、普通に考えたら誰しもが心のどこかで「お金が欲しい」「お金がないと生きていけない」と思ってしまうものなのですが、世の中を見渡してみると、通常とは真逆のベクトルでお金に接する人達がいることに気づきます。

どんな人達かと言いますと。。。

「お金なんてなくてもいい」

という態度を取る人です。

いや、もっと言葉を正確に丁寧に扱いますね。

お金はあればいい、でも、なくてもいい

という態度です。

こういう人は綺麗事で言っているわけではなく、(たぶん)本心なのだと思う。

それはこういう人と一緒にいるとわかる。

だってこういう人の人生のプライオリティの上位はお金ではないから。

だから一緒にいると凄く不思議な現象を目の当たりに出来る。

「お金はなくてもいい」という態度なのに、お金がある状態にいる。

羨ましいよね?

でもこの人達はなぜこんな誰もが羨む素敵な状態になれるのか?を僕らは考えなくちゃいけないわけです。

考えを放棄すると、イエス!とか言って右手を高らかに上げちゃうような無思慮な引き寄せの法則信者になりかねないからね。

真実とはシンプルなもの

学歴がある、大企業に勤めている、国家資格がある、英語が話せる・・・

お金に苦労していないであろう人をイメージすると大方こんな感じになるとは思いますが、先程お伝えした素敵ライフを送っている人に共通するものはこれらではありません。

もっとシンプルなもの。

そう「稼ぐ力がある」です。

・・・拍子抜けしました?

でもこれが真実です。

「いやいや、私も会社員として稼いでますよ」

と仰る方もいるかもしれませんが、仮に会社という「場」がなくなったとき、あなたはお金を稼ぐことができますか?ということです。

どんなに高給取りでも、どこかに依存した結果の稼ぎでは心のどこかで不安が拭えないはずです。

(不安と思っていなくても、不満が常に付いて回ると思います)

逆に、まだ稼げてはいないけれど、自分の力で稼ぐ道を歩んでいる人はお金に対しての不安や不満はないはずです。

だってそんなことに時間を割いている暇はありませんからね。

もしあなたがお金に対して不安や不満があるのなら、「稼ぐ力」を養う必要があるということを覚えておいて下さい。

ここまでありがとうございました。

山本



追伸
お金に関してはこんなメール講座もやっておりますので、もしご興味があれば読んでみて下さい。

こちらをクリック

コメント


認証コード0015

コメントは管理者の承認後に表示されます。